三崎城址

Pocket

三浦市観光協会 📞046-888-0588
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです

三浦市役所の上ある駐車場の脇にあります。
このあたり一帯は城山とりい、古城の跡である。三崎城は海にのぞみ丘陵の地の利を得、土塁、空堀といく重にも組み合わせた中世の山城で、築城の年月は不詳であるが永正15年(1518年)7月11日北条早雲に敗れた三浦義同が新井城(油壷)に滅ぶとき、三崎城もまた落城した。その際囲みを破った白兵は城ケ島に逃れなお抵抗をつづけたという。
この頃、三浦市は戦国の風雲に乗じ相模一円に領域を拡げていったが、三崎城は三浦一族累代の居城荒井城の背後をまもる重要な支城であるとともに水軍の根拠地であったといわれる。
落城後、北条氏はこの城に五代にわたり兵を置いたことからいまに北条山地名が残っている。しかし天正18年(1590年)豊臣秀吉に攻められ小田原北条氏の滅亡にともない三崎城は廃城になった。

基本情報
住所 神奈川県三浦市城山町1-1
TEL 三浦市観光協会0468-88-0588
営業時間 自由
定休日 なし
駐車場 なし
アクセス 京急三崎口駅より京急バス「三崎東岡」下車徒歩約3分
横浜横須賀道路「衣笠IC」より三浦縦貫道「林出口」経由約40分

三浦観光スポットへ戻る 史跡・記念碑へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

本瑞寺

次の記事

黒崎の鼻