相生橋

Pocket

広島市観光案内所  📞082-247-6738
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

相生橋は、国道183号線、国道261号線、広島電鉄本線が通る併用橋です。道路は片側3車線、広島電鉄は複線でとても幅の広いはしとなっている。
橋名の由来は2つの橋が「相合う」ことからなのだそうです。南側は平和記念公園と繋がっています。
旧相生橋は、昭和7年に架設された全国でも珍しいT字形をした橋です。昭和20年8月の原子爆弾投下の目標になったともいわれています。
この原子爆弾の爆発により、相生橋は、強い爆風を受け、その爆圧は、通常橋にかかる荷重の15倍に当たる1平方米当たり7トンと推定されています。
このような瞬間的に強い爆圧を受けた相生橋は、板バネのように大きく曲がり、また跳ね返るような動きを繰り返し、同様にコンクリート床版は、宙に浮きあがりました。幸い落橋は免れましたので修理して被爆後、約35年間使用され、老朽化のため昭和58年10月に現在の橋に架け替えられました。

基本情報
住所 広島県広島市中区
TEL 082-247-6738(広島市観光案内所)
営業時間 自由
定休日 なし
駐車場 なし  
アクセス 広電「原爆ドーム前」駅から徒歩約1分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。