不動滝

Pocket

📞0465-64-1234
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」見たと伝えて頂くと幸いです。

駐車場(無料)から茶屋を通り徒歩約1分の所にある滝(落差15m)は小ぶりながらも水量は豊かで、名前の由来は滝壺のほとりに不動明王を祀るに由来します。また、滝の左側には身代わり不動尊、右側には出世大黒尊が祀られています。
湯河原の温泉場は湯河原火山が浸食をうけた深い谷間にあり、このような滝が随所にあります。かつては、この水力を活用した自家用水力発電所をもった旅館もありました。滝周辺の地層は箱根火山の基盤をなす新第三系の湯河原層群とされていましたが、最近では湯河原火山の噴出物という見解が出されています。岩石中には、沸石と呼ばれる無色透明もしくは白色の鉱物が含まれ、湯河原沸石という湯河原の地名が付いた沸石は、ここで発見されました。
湯河原の文学と不動滝
夏目漱石はリウマチ治療のため不動滝に近い天野屋に逗留しました。朝日新聞に連載された「明暗」には主人公が不動滝へ向かう場面がありますが、小説には漱石の死により未完におわりました。他にも芥川龍之介、与謝野晶子など湯河原温泉には多くの文人が逗留しました。

身代わり不動尊

出世不動尊

出世大黒尊

無料の駐車場

基本情報
住所 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上750
TEL 0465-64-1234
営業時間 見学自由
定休日 年中無休
駐車場 あり無料
アクセス 湯河原駅よりバス「不動滝」下車徒歩約1分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

Bayashi ばやし