清伝寺

Pocket

📞046-888-0304
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

臨済宗建長寺派
本尊 聖観世音菩薩
三浦三十三観音8番札所
当寺は臨済宗建長寺派で、金田山清伝寺と呼び、開山は建武年間(1334~5)桃源宗悟禅師の建立とされております。御本尊は聖観世音菩薩です。
寺の脇を流れている川を「すずの川」といい、昔はここまで潮がさして、川渕で鱸が釣れたので、「すずき川」といい、いつかこれが「すずの川」と呼ばれるようになりました。
その昔、この付近は濃い森に包まれ淋しいところで、すずの川に「かっぱ」が棲んでいて夜となく昼となく、里人を騙す悪戯をするので困っていたそうです。
或る日農夫が馬を曳いて川に下り、傍の抗に手網を繋いで馬を洗いはじめると、いつの間にか網が解けている。結び直して洗い始めると、解けてしまうので、これは「かっぱ」の悪戯と気づき、坑を固く縛って「かっぱ」を捕らえてしまったのです。そして普段から恨んでいた里人達が、寄ってたかって「かっぱ」を虐めていると、騒ぎをききつけてやって来た和尚が見兼ねて止めに入り「かっぱ」を助け、人を騙すような悪さをしないよう、よく訓したということです。
前非を悔いた「かっぱ」は詫証文を書いたということが、寺にまつわる話として残っています。

基本情報
住所 神奈川県三浦市南下浦町金田963
TEL 046-888-0304
三浦市観光協会046-888-0588
駐車場 なし
拝観料 無料(見学自由)
アクセス 京急三浦海岸駅より京急バス「金田」下車徒歩約4分
横浜横須賀道路「佐原IC」より 三浦縦貫道経由約35分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

観音堂 観音寺

次の記事

法昌寺