小松ヶ池公園

三浦半島では珍しく渡り鳥が飛来する池
河津桜の見頃2月下旬~3月上旬
京急三浦海岸駅を出て右へ、京急ストアを過ぎ、坂道を登ります。上りきり信号機を左へ、しばらく細い道が続くので車に注意しましょう!
京急線のガードを渡る手前を右へ、大根やキャベツ畑の中を進み坂を降りて行くと水鳥の遊ぶ小松が池に到着します。三浦半島では珍しい渡り鳥が飛来する池です。
とても静かな公園で、ゆっくりとした時間を過ごす人や、ザリガニを捕る少年など楽しみ方は様々です。春には沼津から特別に譲り受けた桜がとても綺麗です。
この池には以下のような伝説が残ります。
「昔、この池のあたりがいくつかの田だった頃、お松という働き者の嫁がいました。お松は意義悪の姑に1人ではとても無理なほどの田植えを強いられたのです。すでに太陽は西山に隠れようとしているのに田植えが終わらず、困り果てたお松は天に嘆き悲しみました。すると不思議なことに西山に沈みかけた太陽がにわかに数尺高くなって無事に田植えを終えることができたが、しかしその時、あたり一面泥沼と変わりお松は水にのまれてしまいました。それから雨が多い日が続き大沼になったといわれます。」 その他にも伝説はあるようです

キャベツ畑から望む小松ヶ池

三浦海岸桜まつり開催時には多くの出店が出店し賑わっています

池のほとりに咲く河津桜の下で花見をする光景

小松ヶ池にある記念碑

基本情報
住所 神奈川県三浦市南下浦町上宮田
TEL 三浦市観光協会 046-888-0588
営業時間 自由
駐車場 桜まつり開催時特設駐車場あり
入園料 なし
アクセス 京急三浦海岸駅駅より徒歩約20分
横浜横須賀道路「佐原IC」より約30分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website