油壷湾

Pocket

三浦市観光協会 📞046-888-0588
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

かながわの景勝50選に選ばれている、三浦市の景勝の一つです。
京急油壺マリンパークより徒歩約10分の木々に囲まれた新井浜海水浴場へ向かうハイキングコースの途中にある。
北原白秋文学碑の横に「かながわの景勝50選」の石碑があります。三浦市案内板には下記のことが記されています。↓


油壺の名のいわれは、永正13年(1516年)新井城(今の油壺一帯)を最後の居城として立て籠った三浦一族が北条早雲の大軍を相手に、3年間にわたって奮戦しましたが空しくついに全滅し、一族の将三浦道寸義同をはじめその子荒次郎義意は、自刃、他の将兵も討死、または油壷湾へ投身したと伝えられ、そのため湾一面が血汐で染まり、まるで油を流したような状態になったので、後世「油壷」といわれるようになりました。
北条五代記には、三浦一族全滅の模様を次のように記しています。
「今も7月11日には毎年新井城に雲霧おおいて日の光も定かならず、丑寅の方と未申の方より電かがやき出て両方光入乱れ風猛火を吹き上げ光のなかに異形異類の物有りて干戈をみたし、虚空に兵馬馳け散り乱れ天地をひびかし戦う有様おそろしきと言うばかりなり云々」

基本情報
住所 神奈川県三浦市三崎町小網代
TEL 三浦市観光協会 0468-88-0588
営業時間 自由
定休日 なし
駐車場 あり(有料) 
アクセス 京急三崎口駅より京急バス「油壺」下車徒歩約10分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

白秋文学コース2 油壷

次の記事

三浦義意の墓