爪木崎灯台

Pocket

下田市観光協会📞0558-22-1531
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです

富士箱根伊豆国立公園の爪木崎には爪木崎灯台があります。昭和12年(1937年)4月1日に設置されました。
地上から頭部まで約17m、水面から灯台まで約38mあります。

駐車場から灯台を望む

灯台までの散策路入口

椿の道を抜けるとそこには…!

爪木崎灯台は、伊豆半島東海岸から突き出た須崎半島の先端に立ち、邪魔するものがない高台に凛として佇むスマートな白いシルエットは、人々が思い浮かべる「灯台」のイメージそのものです。周辺は富士箱根伊豆国立公園に属する景勝地で、伊豆諸島を望める雄大な風景が広がり、夏は海水浴場、秋には西洋ススキが野を彩り、冬には300万本におよぶ野水仙が人を楽しませてくれます。灯台に続く細道を歩き、穏やかで四季折々を演出する景色に身を置けば、美しい絵の中にいる気持ちになれるだろう…。
このような理由から、2017年6月1日に(一財)日本ロマンチスト協会と日本財団が共同で実施する「恋する灯台プロジェクト」」において爪木崎灯台を「恋する灯台」に認定しました。

爪木崎の先端

火山の地下から上昇してきたマグマは、海底で噴火を起こさずに、地下にたまっている地層の隙間に入りこんで、そのまま固まってしまうことがあります。こうしてできた岩体を「シル」といいます。
俵磯でみられる岩体も、こうしたシルの仲間です。岩体をいろどる六角柱状の割れ目は、マグマが冷えるときの体積収縮によってできた「柱状節理」(静岡県指定天然記念物)です。本拠地から遊歩道を降りると、岩体のすぐそばまで近づくことができます。

アロエの花

水仙

基本情報
住所 静岡県下田市須崎
TEL 0558-22-1531
営業時間 自由
見学  無料
定休日 なし
駐車場 あり(500円)
アクセス 下田駅からバスで約15分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

旧澤村邸