若松屋跡地

Pocket

横須賀観光インフォメーション📞046-822-8301
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

若松町生みの親 高橋勝七
高橋家は、鴨居にあった会津藩の陣屋の世話をし「若松屋」と号しました。
高橋勝七は横須賀中央周辺の海面を埋め立て造成し、その土地は若松町と命名されています。
勝七は第五代浦賀町長や郡会議長などを歴任し、明治37年(1904)衆議院員になりました。
浦賀銀行などの取締役も務め、横須賀の政治、経済界で活躍し、栽培漁業の計画を立てるなど進取の気性の人でした。
太平洋戦争中には、昭和天皇の弟宮高松宮様がお泊まりになったことでも知られています。

基本情報
住所 神奈川県横須賀市鴨居3-18
TEL 横須賀観光インフォメーション 046-822-8301
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 京急浦賀駅より京急バス「腰越」徒歩約2分

横須賀観光スポットへ戻る 史跡・記念碑へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

若山牧水夫婦歌碑

次の記事

たたら浜