荒井城址

Pocket

三浦市観光協会 📞046-888-0588
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

石碑は京急油壺マリンパーク駐車場の同網海岸へ向かう途中の奥の木陰にあり、案内板は白秋文学碑へ向かうハイキングコースにあり石碑は少し分かりにくい場所にあります。

三浦一族滅亡の地、荒井城は、面積約128haの地形をそのまま利用した自然の要塞でした。
すなわち、相模湾に突き出したこの半島は小網代湾と油壺湾に挟まれて三方向いずれも海でしかも切り立った断崖であり、陸地に通ずる道は北へ約3kmの大手の引き橋で、この橋を切って落とせばどこからも攻め込まれないようになっていました。
引き橋は後に地名になりましたが、ここで北条勢は橋を引かれ渡ることが出来ず三浦勢に時間を稼がれてしまいます。
弁財は、関東大震災による隆起で往時の面影は薄らいでいますが、当時としては大軍をもってしても攻めにくく、わずかな手兵で3年間持ちこたえたのですから三浦一族の執念もさることながら城として優れてしました。

荒井城址案内板付近から油壷湾を望む

基本情報
住所 神奈川県三浦市三崎町小網代
TEL 三浦市観光協会 0468-88-0588
営業時間 自由
定休日 なし
駐車場 あり(有料)
アクセス 京急三崎口駅より京急バス「油壺マリンパーク」下車徒歩約5分
横須賀道路「衣笠IC」より三浦縦貫道「林出口」経由約50分

三浦観光スポットへ戻る 史跡・記念碑へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

三浦導寸の墓

次の記事

海南神社 釜龍弁財天