和田城址

Pocket

三浦市観光協会 📞046-888-0588
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

和田小太郎義盛は十六才の秋、父の死をさかいに鎌倉杉本城から和田に移り、このあたりは義盛の居館があったところです。
義盛が和田ノ里に館をおいたのはその頃すでに和田は三浦半島有数の穀倉地帯であったためにこのあたりが領民を守り、水田を管理するにも地の利を占めていたともありました。
義盛は和田を終生の根拠地と定め合戦にのぞんでこの地から多くの兵士が出陣し、食料が戦陣におくられるなど重要な役割を果たしていたところです。
現在和田館はその跡をとどめていないがこの館を囲むようにして木戸脇、唐池(空池)出口、赤羽根、矢作などの地名が残っていて往時を偲ぶことができます。
また和田館には木曽義仲の妾巴御前が義盛に預けられここで余生を送ったといわれています。

国道134号線方面

この先に和田名浜海岸があります

基本情報
住所 神奈川県三浦市初声町
TEL 三浦市観光協会 0468-88-0588
営業時間 自由
定休日 なし
駐車場 なし
アクセス 京急三崎口駅より京急バス「和田城趾」下車徒歩約10分
横浜横須賀道路「衣笠IC」より三浦縦貫道経由約20分

三浦観光スポットへ戻る 史跡・記念碑へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

和田義盛の碑

次の記事

引橋