矢の根井戸

Pocket

三浦市観光協会 📞046-888-0588
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

源為義の第八子、源為朝は幼少より傍名無人で、十三歳の時父、為義により九州へ追放されたほどですが、九州でも武威を大いに発揮、土地の豪族を征服して、みずから鎮西八朗為朝と称して勢力を振いました。
しかし、その為朝も「保元の乱」では、藤原頼長の判断力の欠如から作戦の策を用いられず、これがもとで敗退、ついに平清盛の武将平家貞の捕えるところとなりました。
ただし、その武勇を惜しむ声により、死一等を減じられて伊豆大島に流罪となりました。
きのうの威とはうって変ったきょうの悲運、為朝は流人から「わが弓勢昔に変わらずや」と、鎌倉に向って矢を放ち、せめてものうさ晴らしをしたと伝えられていますが、その矢が誤ってここに落ち、その矢の立ったこの地点から泉がこんこんと湧き出てきて、井戸となったので「矢の根の井戸」と呼ばれるようになったと伝えられています。
井戸の周りには湿地のようになっていて、水が豊富なのがわかります。

剱崎灯台から海へ下ります

剱崎灯台

周りには絶景が広がります

基本情報
住所 神奈川県三浦市南下浦町松輪
TEL 三浦市観光協会 0468-88-0588
営業時間 自由
定休日 なし
駐車場 あり(有料)
アクセス 京急三浦海岸駅より京急バス「剱崎」下車徒歩約20分
横浜横須賀道路「佐原IC」より約30分

三浦観光スポットへ戻る 史跡・記念碑へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

三浦 公園

次の記事

三浦義村公の墓