逸見波止場衛門

Pocket

三笠公園管理事務所📞046-824-6291
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

JR横須賀駅より徒歩約3分の所にあります。
左側は「逸見上陸場」右側は「軍港逸見門」と記載されています。
通称通称逸見波止場衛門は1930年頃に造られ、正式名称は「海軍番兵塔・軍港正門門柱」と言い、横須賀軍港の正門でした。2棟ある塔の屋根は銅板のドーム状で、頂上の飾り(クーポラ)や庇の形状から少年の帽子が連想されます。当時は、この門を入ると、正面に海軍鎮守府や海兵工廠のある横須賀軍港に向かうための船着き場あり、横須賀軍港への船が発着していました。門には門番がおり、関係者以外が入らないよう見張っていたと思われます。海軍鎮守府や海軍工廠は現在、この門のあるヴェルニー公園の対岸に見える在日米軍横須賀基地に置かれていました。
逸見波止場衛門は、日本遺産構成文化財の一つとして認定されており、海軍の歴史と面影を今に伝えてくれます。
逸見波止場衛門は、ルートミュージアムのサテライト施設です。
掲示板より抜粋
・横須賀市指定市民文化遺産に指定されています。


基本情報
住所 神奈川県横須賀市汐入町1-1
TEL 三笠公園管理事務所 046-824-6291
料金 無料
駐車場 あり
アクセス JR横須賀駅より徒歩約1分

横須賀エリアへ戻る 横須賀観光へ戻る 史跡・記念碑へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

軍艦長門碑

次の記事

漁師料理 よこすか