坂本龍馬・おりょう等身大「木造座像除幕式」

Pocket

 大津観光協会 📞046-836-3531
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

幕末の志士、坂本龍馬の妻龍子(おりょう)没後100年を記念して横須賀市の市民団体「よこすか龍馬会」が作製した、「おりょうと龍馬の等身大木造座像」が龍子が眠る横須賀大津の信楽寺で公開されました。秋谷に住む秋谷在住の仏師梶谷叡正氏が制作した。総制作費は約600万円でまだまだ不足なので、座像の前に賽銭箱を設置して不足分を募ります。
本堂に本堂に据えられた座像は等身大(高さ約1m)でクスノキを使用、一本のクスノキから2体を作製した。
龍子は京都で生まれ、龍馬と結婚し龍馬の暗殺後は横須賀にたどり着き、西村松兵衛と再婚。晩年を横須賀で過ごし、1906年に66歳で亡くなったとされている。

あいさつに来た横須賀市長

おりょうの墓

基本情報
住所 神奈川県横須賀市大津町3-18-13(大津行政センター内)
神奈川県横須賀市大津町3-29-1(信楽寺)
TEL 大津観光協会 046-836-3531
期間 2006年10月8日
時間
入場 無料
主な施設
駐車場 なし 
アクセス 京急大津駅より徒歩約10分(信楽寺)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

光の丘 水辺公園

次の記事

漁火亭