源頼朝の墓

Pocket

手前左は白旗神社で、階段を登ると大蔵山の中腹に源頼朝公の墓があります。鎌倉幕府初代将軍の墓にしては、質素な石塔です。
「神奈川県教育委員会の立札より抜粋」
源頼朝は義朝の嫡子で、平治の乱の後伊豆韮山に流されていた、治承4年(1180)北条時政の応援を得て、平氏追討の兵を挙げたが、石橋山の合戦に敗れ海路安房に逃れた。しかし関東各地の家人の支持を得て鎌倉に入り、寿永3年(1185)平氏一門を滅亡し、ついで奥州の藤原氏を滅ぼして、全国を平定するにいたった。頼朝は源氏の御家人武士を統制するため侍所、ついで公文所などをおき、幕府の組織をととのえ、右近衛大将となり、さらに征夷大将軍に任ぜられて、幕府を開いた。正治元年(1199)53歳で亡くなった。墓の下方の平地は当時の幕府跡である。

基本情報
住所 神奈川県鎌倉市西御門2-6
TEL 鎌倉市観光協会 0467-23-3050
営業時間 
定休日 なし
駐車場 なし
アクセス JR・江ノ電鎌倉駅から京急バス「岐れ道」下車徒歩約5分 JR・江ノ電鎌倉駅から徒歩約25分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

日野俊基の墓

次の記事

北条時頼の墓