鎌倉宮

Pocket

📞0467-22-0318
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

鎌倉宮は、大塔宮(おおとうのみや) 護良親王(もりながしんのう)をお祀りしています。
護良親王は延慶元年(1308年)に後醍醐天皇の第一皇子としてご誕生になり11歳で比叡山延暦寺に入室され、20歳にして天台座主となる。
当時、鎌倉幕府の専横な政治に、後醍醐天皇は国家の荒廃を憂いられ、親王と共に元弘元年6月比叡山にて討幕の挙兵をする手筈でしたが、天皇は捕らえられ、隠岐に配流となります。
親王の討幕を促した足利高氏赤松則村らによって鎌倉幕府は北条一族と共に滅びます。
親王はこの功により征夷大将軍となります。、しかし、高氏らと意見が合わず、親王は高氏による幕府擁立を危惧し兵を集めますが、逆に捕らえられ、鎌倉 東光寺の土牢に幽閉されます。
建武2年(1335年)7月23日 残党を集め鎌倉に攻め入った北条時行に破れた高氏の弟 直義は逃れる際に、家臣 淵辺義博へ親王暗殺を命じ、御年28歳の若さでその苦闘の生涯を閉じます。
明治2年2月、明治天皇は非業の最期を遂げられた護良親王に遥かに想いを魅せられ、親王終焉の地、東光寺跡に神社造営を発せられて、御自ら社号を「鎌倉宮」と名づけられ、創建されました。

天然記念物(鎌倉市指定)小賀玉の木 一株

親王最後の地土牢

鎌倉宮の紅葉

基本情報
住所 神奈川県鎌倉市二階堂154
TEL 0467-22-0318 鎌倉市観光協会0467-23-3050
営業時間 9:00~16:30
定休日 なし
駐車場 なし
拝観料 境内拝観自由 土牢・宝物殿拝観300円
アクセス JR・江ノ電鎌倉駅より京急バス大塔宮行き終点下車すぐ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

御霊神社

次の記事

白旗神社