法昌寺

Pocket

📞046-888-1630
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

曹洞宗
聖観世音菩薩
三浦三十三観音 9番札所
手伝によると、庄司入道常玄という人物が霊夢によって海岸より見つけ出した観音様をお堂に安置し、潮客寺と名付けました。
その後、天正3年(1575)森四郎左衛門が再建し観音像に蓮坐をつけた。そして天正18年(1587)徳川家康が関東八個所の領主として江戸に移って来た時、長谷川七郎左衛門が文録3年(1594)検地を行い、ここ法昌寺の境内を検地する際、観世音の由来を聞きひどく感動し除地にした。後、潮客寺から聞名山法昌寺に改称し、前住職の安叟補全和尚が開山したという。また山号の聞名山もこの地名が菊名町であるところから菊名山となった。

基本情報
住所 神奈川県三浦市南下浦町菊名7159
TEL 046-888-1630
三浦市観光協会046-888-0588
駐車場 なし
拝観料 無料(見学自由)
アクセス 京急三浦海岸駅より京急バス「白山神社」下車徒歩約4分
横浜横須賀道路「佐原IC」より 三浦縦貫道経由約35分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

清伝寺

次の記事

三樹院