白秋文学コース20 遊ヶ崎

三浦市観光協会 📞046-888-0588
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです

しんしんと夕さりくれば城ケ島の
魚籠押し流し汐満ちきたる
城ケ島さっとひろげに投網の
なかには大日くるえめきにける

  遊ヶ崎は鎌倉時代、源頼朝が遊覧のおり諸将と共に宴席などを催したところからその呼び名が生まれたといわれ、白秋の美しい海岸で埋立て以前は海水浴場となった時代もあります。
三崎港を隔てた向ヶ崎に住んだ白秋は、朝に夕に、月齢に応じた汐の干満に、詩満を展開していったのでした。

さんさんと海に抜手を切る男しまし
目には見え昼ふかしも

海峡の自然に誘われ、その魅力に信沈潜して白秋の心の猫写がうかがえる。

城ケ島駐車場

基本情報
所在地 神奈川県三浦市東岡町7
TEL 三浦市観光協会 046-888-0588
駐車場 なし 
料金 無料(見学自由)
アクセス 京急三崎口駅から京急バス「三崎東岡」下車徒歩約5分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website