松本たかし詩碑

三浦市観光協会 📞046-888-0588
お問い合わせの際「エンジョイ三浦半島」を見たと伝えて頂くと幸いです。

松虫にささで寝る戸や城ヶ島
秋の夜、松虫が鳴いている。島の漁家は戸締りをしないまま、松虫の鳴く声につつまれて安らかな眠りに入っている。「ささで」は「戸締りをしないで」の意。
この俳句は、松本たかし昭和13年の作で、当時この城ヶ島には大橋がなく、三崎との渡し船が唯一のビンでした。更に東京湾防備の要塞地帯で、島へ渡るには軍の制約があり、殊によるに渡るなど稀なこと、初秋の夕べには虫が鳴きこぞる島となり。たかしは三崎の友の案内で虫を深ねることができた。
島の漁家のいとなみは、素朴なのもで松の鳴く頃は、涼をとるため蚊帳を吊って雨戸を開けたままねていました。このような島の抒情が、たかしの高い詩心によってうたいあげられました。
●松本たかし…子規・虚子の写生を根本にした俳人。三崎の風光を愛し、しばし来遊。昭和31年没。墓は三崎本瑞寺にあります。
詩碑は県立城ケ島公園入口にあります。

馬の背洞門

ウミウ展望台

県立城ケ島公園

基本情報
住所 神奈川県三浦市城ケ島
TEL  046-881-6640
三浦市観光協会 0468-88-0588
営業時間 8:00~17:00(県立城ケ島公園)
入園料 無料
定休日 なし
駐車場 あり 県立城ケ島公園(有料)
アクセス 京急三崎口駅より京急バス「白秋碑前」下車徒歩約10分
横浜横須賀道路「衣笠IC」より三浦縦貫道経由約40分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website